食品スーパー

浦和パルコのヤオコーは、惣菜が充実しているいいお店でした!

更新日:

この記事はこんな人におすすめ

・スーパーマーケットのヤオコーの良さを知りたい人

ヤオコーの浦和パルコ店!

埼玉県さいたま市の浦和駅東口徒歩一分にある浦和パルコ。

2017年11月に、地下一階にヤオコーができたようで、先日、有給時に奥さんと、三人目の赤ちゃんと行ってきました。

以前は大丸の食品フロアで、ただ「値段が高い」という印象でしたが、

ヤオコーが入ったことで、非常に買い物を楽しめるようになったのではないでしょうか。

 

もともと埼玉の中でも文化都市であり、

「お金持ちが多く住んでいる」と言われる浦和でもあります。

行ったときは平日の13:30頃で、食品スーパーではあまりお客様のいない時間帯ですが、中々の混み具合でした。

浦和に中価格帯のヤオコーは、うまくマッチしているようです。

SPONSORED LINK

 

どんな売り場?

営業時間は10:00~21:00。

惣菜の種類が充実しています。

ヤオコーの強みは惣菜でもありますが、

ランチ需要や働く世帯向けにも非常にマッチしている

ことが見受けられます。

ベーカリーコーナーのパンの売り場がとても広く、種類も充実しており、女性にも喜ばれそうです。

また、イートインコーナーもあるので、その場で食べることも可能です。

イートインコーナーも広く、過ごしやすい雰囲気でした。

一般食品に関しても、お買い得商品からやや高めの価格帯まで、幅広く取り揃えています。

 

プライベートブランドの商品が目立つ

その他、

特に目立つのが、

プライベートブランドの売り込み具合

でした。

なぜプライベートブランドを売り込むかというと、

会社によって事情は異なりますが、

  • 商品を他社と差別化できる
  • 原価が安く、粗利をとりやすい

からです。

ちなみに原価の安い理由は、

  • 広告宣伝費がない
  • メーカーにとって、一定の販売量が確約される
  • メーカーにとって、工場の稼働率を上げることができる

と言った理由があります。

 

良くない点は?プライベートブランド押しがあだになる?

プライベートブランド押しなので、

一部商品に品揃えの少なさを感じるのが唯一の不満でしょうか。

 

パルコの地下一階は魅力的!

浦和パルコの地下一階には、

その他タリーズなどのカフェや100円均一、薬局などもあります。

ちなみに浦和パルコ全体も2018年10月に改装オープンしています。

テナント店舗がおおきくなったり、

配置も変わったりとしています。

一階には、スターバックスや上島珈琲もありますので、

よりゆっくりできるようになりました。

SPONSORED LINK

-食品スーパー

Copyright© 【元食品スーパー社員】子供3人パパの情報集! , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.