食品スーパー

【激安スーパー】肉のハナマサ!安くてボリュームもあります!

更新日:

この記事はこんな人におすすめ

・お得な食品スーパーを知りたい人

・肉のハナマサについて知りたい人

肉のハナマサは安い!

今回は、業務用スーパーの「肉のハナマサ」についてご紹介です。

この肉のハナマサ、とにかく価格が安い!というのが、特徴です。

キャッチフレーズは、「プロのための店!」

と店頭やホームページには大々的に書かれていますが、

「一般の人も歓迎」という表記もあり、

実際に行ってみると、主婦層の方も多く見られます。

平成30年の5月末時点で、

東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県 の1都4県に

直営52店舗、フランチャイズ3店舗を展開しているチェーン店になります。

 

生鮮食品も一般食品も安い!

とある店舗に11月に行ったときのお値段にびっくり!

店頭にはみかんが山積みされており、

そのお値段、ネットに約7~8個入って、280円(税抜)!

家の近くの他のスーパーでは、+100円以上の価格ですので、非常にお買い得です。

実際に家で食べましたが、味もジューシーで申し分なしでした。

子供も食べるペースが早いので、翌日にはネット2つ分買いに行きました。

各生鮮食品はとても安いです。

 

そのほか、冷蔵のうどん玉や焼きそば、キューピーマヨネーズなどの調味料、

サッポロ一番などの袋麺も、一般のスーパーの特売価格より安く売られている商品もありました。

 

特徴的なプライベートブランド!

売り場を見てみると、よく見かけるのが、

「プロ仕様」と大きくパッケージに書かれた商品。

実はこれ、肉のハナマサのプライベートブランド。

 

値段ももちろん安いですが、容量が多いものもたくさんあります。

例えばこれからの時期によく使う、シチューの素。

ハウスなどの一般に売られているものは、230グラム前後ですが、

なんと1キロサイズのものが販売されていました。

さすが、プロのための店ですね。

もちろん一般の方も買えますので、割安で買いたいという方はおすすめです!

 

会計はSuicaやクレジットカードも使える!

お会計は、現金のみならず、Suicaやクレジットカードも使えます。

ポイントカードのようなものはありません。

レジ袋も有料ではありません。

さすが、「プロのための店」という感じでしょうか。

 

運営会社は?

運営会社は、株式会社花正。

従業員は、平成30年5月現在で、約1,700名。

そのうち正社員は約300名強、パートタイマー約1,400名です。

売上は、平成29年度は366億円とのことでした。

花正は、2013年に、現在は東証一部上場の株式会社ジャパンミートのグループ会社になっています。

ジャパンミートは、ホームセンターのジョイフル本田と提携しており、

大型の商業施設で、ジョイフル本田内へ出店もしています。

ジャパンミートは、茨城県を中心とした食品スーパーですので、

肉のハナマサとの相性も良さそうですね。

 

その他のスーパーとの比較はこちら↓

【第2弾】食品スーパーを比較してみました。【マルエツ・イトーヨーカドー ・コモディイイダ・肉のハナマサ】

 

SPONSORED LINK

-食品スーパー

Copyright© 【元食品スーパー社員】子供3人パパの情報集! , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.