育児・子育て

二人目以降の出産ならではの不安や心配

投稿日:

初めての出産は不安。でも二人目以降の出産ならではの不安も

出産というものは、誰でも不安であると思います。

新しい命が生まれてくるという未知の経験と、

赤ちゃんと母の生死が関わるものですし、

誰でも何回目でも不安ではありますが、

今回は、2回目以降の出産の準備にフォーカスしてみたいと思います。

SPONSORED LINK

 

2回目以降に発生する「出産時、上の子どうするか問題」

陣痛が来たときに、上の子はどうすればいいの?

という懸念が出てきます。

 

平日・休日・時間帯で全く異なる対応を迫られることもあります。

 

陣痛が来たとき、

基本的には病院は上の子は見てくれないので、

誰かに預けたり面倒を見てもらう必要が出てきます。

 

①夫

休日や夜の場合だと夫が家にいると思います。

もし陣痛がきた時は、子どもを一緒に連れて病院に行ったり、

家で子どもをみていてくれます。

ただ、平日の昼や残業で仕事が遅いときは厳しいですね。

 

②両親・親戚

両親や親戚と同居または近所に住んでいて、ほとんど家にいる場合は大丈夫でしょう。

頼れるものは頼りましょう。

また、親の家が離れていて、

いっそのこと心配であれば実家に帰るという選択肢もあります。

 

③保育園・幼稚園

上の子が保育園や幼稚園に通っているという方は、

平日に預けたあとに、陣痛が来た場合、

子どもを迎えに行くのを、夫に頼むことが可能なこともあります。

しかしこれは暫定的な措置でしょう。

 

※登録しておきたいサービス…陣痛タクシー

自宅の住所、出産予定の病院、予定日などをあらかじめタクシー会社に登録しておくことにより、

陣痛が起こったときでもスムーズに配車してもらえます。

事前に登録しておくと安心です。

 

私の実際の例

2人目の出産時は、

私が朝の通勤中に、妻が

上の子を保育園に送りに行く途中で、陣痛かも?という状況になりました。

保育園に預けて家に帰ってから、本格的に陣痛が始まり病院に連絡、陣痛タクシーを呼び、病院へ行きました。

その後無事に出産。その連絡を聞いて、

会社から帰らせてもらい、夕方に上の子の保育園の迎えには私が行きました。

出産後の入院中は私が保育園の送り迎えをし、退院後は、私の実家へ妻と子供が2~3週間ほど滞在しました。

 

3人目の出産時は、たまたま私の休日でした。

早朝に陣痛が来たので、タクシーを使い、病院へ。

その子達を病院に連れていっても飽きてしまうので、家で上の子二人と私は待機です。

その後無事出産し、

退院後はまたもや私の実家で3週間ほど滞在しました。

 

一人で何とかなるとは思わないこと。頼れるものは頼る。

このように出産する上で、誰かの協力を得なければならないのは明白です。

「頼れるものは頼る」意識で、

事前の周知への声かけ、いざこうなったらよろしくお願いしますと言っておくことが必要不可欠です。

事前にいろいろと自分たちでシミュレーションをしておく必要はあるでしょう。

 

 

SPONSORED LINK

-育児・子育て

Copyright© 【元食品スーパー社員】子供3人パパの情報集! , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.