キャリア

営業職としての大事なポイント。苦手意識を持たないために。

更新日:

営業職への抵抗

私は現在、中小企業でBtoBの営業職をしています。

前職は、食品スーパーの店員だったので、営業は未体験。

営業というと、押し売りをしたり、

ミスがあったらペコペコ頭を下げて、

大変な思いをするというイメージが、ありました。

 

商品力があれば強い

現在の会社は、

圧倒的優位なコンテンツを持っています。

そのため、変にお客様にへりくだることもありません。

堂々と対等に話をするのです。

 

 

営業とは?営業は必要なのか?

「要らない人には売らない」

「要らない人には売ろうとしない」

このスタンスであれば、

押し売りの必要もありません。

つまり、「必要としている人や、必要になりそうな人に対して、

商品やサービスをご案内する。」

という職業が営業なのではないでしょうか。

 

そう考えると営業も怖くありません。

無理に売る必要はないので、

要らないと言われたり、相手からそう感じたら次に行けばいいのです。

 

つまり、

自分扱っている商品がどんな特徴があるのか、

それをどう使うのか、

使ったら誰に対してどのような効果があるのか

を相手に合わせて説明できれば良いのです。

 

高めるスキル・知識は、

自社の商品を理解すること、

どんなお客様がいるのかを肌で感じること、

どんな説明の仕方が相手に響くのかをためすこと

 

確かに積極性や勇気が必要なのな状況も

あるかもしてません。

しかしそれは、どの職業に就いていても、

ある程度は求められるものです。

 

SPONSORED LINK

-キャリア

Copyright© 【元食品スーパー社員】子供3人パパの情報集! , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.