キャリア 就職・転職

キャリアコンサルティングを受けました。効果を高めるには受ける側のスタンスも大切です。

更新日:

キャリアコンサルティングを受けました。

現在勤めている会社から、

「キャリアコンサルティングを受けてみない?」

という提案で、

特に明確な悩みは不満はないけど、

面白そうだしとりあえず受けてみようかな

という理由で、実際に受けてきました。

今回はその体験記です。

SPONSORED LINK

 

キャリアコンサルティングとは?

「キャリアコンサルティング」とは、労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力の開発及び向上に関する相談に応じ、助言及び指導を行うことをいいます。

※厚生労働省ホームページより

つまり、

国家資格を持ったキャリアコンサルタントと、

一対一でキャリアについて話し、

助言や指導をもらう。

ということです。

キャリアコンサルタントが社内に在籍している場合と、

社外の場合がありますが、

私が受けたのは社外の方です。

 

受ける前は不安…

私の場合、受ける前に

自分の大切にしたい価値観や、

自分の強みなどを書くフォーマットを渡されましたが、

どこまで書いていいのか、書くべきなのか、

事前の説明もなく、

わからなかったので、1行ほど簡単にました。

さらに、実際のキャリアコンサルティングの場で、

どこまで自分のことを話せばいいのか、

話したことが会社に筒抜けになるのか、

という疑問点がありました。

 

受けたあとの感想は…受けて良かった!

ここからは個人的感想で、

流れもキャリアコンサルタントによる

というのを念頭に読んでくださいね。

 

メリットをポイントで挙げると以下です。

・一人で考えていたときに思わなかった、新たな切り口をもらえる。

・自分の現在や将来を考えるきっかけになる。

・かつて自分が考えていたことや決断した時の意思を思い出し、やる気がでる。

 

冒頭にまず説明がありました。

「私は会社側に頼まれてキャリアコンサルティングをやるけれども、

あなたの立場になって行います。

経営者に聞かれたら、

もちろん大枠の様子などはお話するけれど、

個人的なことは守秘義務があるので、

何でも話して大丈夫です。」

と丁寧に言われ、

安心して行うことができました。

 

効果を高めるには「自分のことを素直に話すこと」

なぜ、キャリアコンサルタントが

丁寧にこのように説明するかというと、

受ける側が、自分のことを正直に

打ち明けないと、

キャリアコンサルティングがはじまらないのです。

主体は受ける側の私であり、

私のためにやっていますので、

私が正直に誠実に悩みや心配事を話さないと、

コンサルタントも何を話していいのかわかりませんし、

どうしようもありません。

 

どんな心構えや姿勢で臨めばいい?

自分がどんなことを相談したいのか、

どんな悩みや心配事があるのか

事前に簡単にでも考えておくと、

より効果的かもしれません。

こちらのスタンスとしては、

「素直」

「誠実」

であればあるほど、いいです。

コンサルタントも人ですから、

そのような部分的はすぐに伝わります。

 

また、キャリアコンサルタントに頼りきりではなく、

あくまで自分で考え、

コンサルタントはその援助者である、

という姿勢も大事です。

 

一度は受けてみてみると、

意外な自分に気づけるかもしれません。

 

SPONSORED LINK

-キャリア, 就職・転職

Copyright© 【元食品スーパー社員】子供3人パパの情報集! , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.