キャリア 就職・転職

就職や転職をするなら中小企業がいい?企業規模によるメリットやデメリットは?

更新日:

会社の規模が違うと何が変わる?

前職は、社員・パートアルバイトを含めると、

1万人近く在籍している食品スーパーに勤めていました。

現在は、社員規模が数十名の会社に勤めています。

大きい企業で勤めて感じたことやメリットデメリット、

また小さい企業に勤めて感じたことやメリットデメリットを

本日は発信していきたいと思います。

※もちろん、会社により状況やルールは異なります。

私の主観も含んでおりますので、ご留意ください。

 

一般的に考えられる大企業のメリット・デメリット

大企業のメリットは、一般的に、

・業績が比較的安定している

・給料やボーナスも安定している

・研修が充実している

・福利厚生がしっかりしている

・同期がいる

・社会に対して信用ができる

・全国転勤の可能性

等があると思います。

SPONSORED LINK

 

逆にデメリットは、

・若いうちは権限がない職務が多い

・経営陣との距離が遠い

・昇給や昇格が制度化されなかなか上にあがりづらい

等があげられます。

 

一般的に考えられる中小企業のメリット・デメリット

一方で中小企業のメリットは、一般的に、

・会社全体の仕事の決断スピードが速い

・経営層との距離が近い

 

デメリット

・経営者の考えによって大きく左右される。

・制度が整っていない

 

私の勤務先の場合

私の今の勤務先は、恵まれている環境です。

上記のメリットである、

・仕事の決断スピードが速い

・経営層との距離が近い

ことに加えて、

・仕事がなければ定時であがれる(ほとんど定時で帰社)

・有給休暇をとりやすい

・結果が出れば昇給したり、ボーナスがもらえる

等、働きやすい環境があります。

 

 

会社の経営者や職場の上司の影響が大きい!

やはり、働く環境は、

  • 「会社の経営陣がどのような会社にしていきたいのか」

(売上だけを求めるのか、従業員の働きやすさも考えるのか、)

に大きく依るものだと考えます。

また、

  • 「会社の収益構造や利益がしっかり出ているか」

も非常に大事なポイントになります。

(利益が出ていないのに、ニコニコしている経営者はいないと思います。)

 

また、特に大企業の場合、現場を取り仕切る上司が、

仕事に対してどのようなスタンスであるかにも大きく左右されます。

 

就職や転職をお考えの方は参考にしてみてください。

 

SPONSORED LINK

-キャリア, 就職・転職

Copyright© 【元食品スーパー社員】子供3人パパの情報集! , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.